現代人は、日々仕事や家事などで忙しい日々を送っていますので、なかなか自分のヘルスケアをチェックしている時間もありませんよね。でも、今は、インターネットがありますし、スマートフォンもありますので、最新IT技術を使って、自分のヘルスケアを管理することが大事です。

スマートフォンとスマートウォッチ

そんな中でまずは自分のヘルスケアを管理しておくのに便利なツールは、何と言ってもスマートフォンです。スマートフォンは大別すると、アップル社のiOSを使ったiPhoneがあり、グーグル社のAndroidを使ったスマートフォンがありますので、まずはこれらのスマートフォンを入手しましょう。その理由としては、iPhoneにしてもAndroidにしても、ヘルスケア向けのアプリがたくさんありますので、自分がどういうヘルスケアを管理したいのかで、アプリを決めることも出来ますし、ヘルスケア家電においても、スマホ対応のものがたくさんありますので、簡単に管理をすることが出来るからです。また、スマートウォッチになると、更にヘルスケアを管理する色彩が強くて、心拍数や血圧などは、装着しているだけでも把握してくれるというすぐれものでもあります。

体重体組成計 HBF-254C カラダスキャン

日々、健康を管理する上で大切なのは体重管理です。体重を管理するのは面倒くさいということを言われていますが、スマートフォンと体重計が連動していれば、体重を測るだけでそのままスマートフォンに記録されるので、自分の体重がいまどういう状況になっているかということがわかります。体重管理の大事なところは、自分の体重が今どのくらいあって、それがどういう傾向になっているのかということです。Bluetoothを搭載している体重計であれば、簡単にスマートフォンと連動できます。したがって自分の状態がどういう傾向になっているのかすぐにわかりますので、おすすめです。おすすめの体重計は体重体組成計 HBF-254C カラダスキャンです。この体重計は体組成も測定できます。測定できる数値は体重以外に、体脂肪、骨格筋、内臓脂肪、体年齢、基礎代謝、BMIのすべての測定が4秒で測定してしまう優れものです。

オムロン上腕式血圧計 HEM-7324C

次に日々管理しておくのに便利なのは血圧計です。血圧も高血圧になると、脳梗塞や心筋梗塞の原因になりますので、しっかりチェックしておく必要があります。オムロン上腕式血圧計 HEM-7324Cも、スマートフォンと連動していますので、測定するだけで血圧が記録されます。

このように数値を把握しておく必要がある場合は、スマートフォンと連動しておくと、測定するだけで数値を登録してくれますので、自分の現状がわかり、とても便利です。